教育

1)国内および海外への専門教育機会の提供

■EEG/Epilepsy fellowship

 神経内科、脳神経外科、小児科、精神科の専門医取得前後の若手医師を対象として、専門研修目的に神経内科の髙橋良輔教授のもとでEEG/Epilepsy fellowship を設置しています。これまで神経内科医3名、小児神経専門医1名が研修を受けています。今後も、i.幅広い脳波判読の研修と経験、ii.長時間ビデオ脳波モニタリングの解析、iii.てんかんの診療、iv.各種抗てんかん薬投与に関する臨床研修などの、てんかん学・臨床神経生理学の研修および研究の機会の提供を充実させていきます。また、海外へも広く同様の研修と研究の機会を積極的に提供していきます。

EEG/Epilepsy fellowship 修了者
 津田玲子 2011年6月~8月(札幌医科大学神経内科より)
 吉村 元 2015年7月~9月(神戸市立医療センター 中央市民病院より)
同 現在研修中
 井上岳司 2013年4月~2016年3月
 塚田剛史 2015年10月〜2016年3月
 藤井大樹 2014年9月〜11月、2016年2月〜

■合同症例検討会

 神経内科、脳神経外科、小児科、放射線診断科、脳機能総合研究センター、精神科、リハビリテーション部、中央検査部が協力して、関連診療科全体で融合的に、合同症例検討会を月1回、10年以上にわたり継続して開催しています。診断や手術適応などを討議し、3次てんかん専門施設として包括的てんかん診療を行っています。近隣医療機関からの医師の参加、紹介症例も、年々増えています。また同時に日本てんかん学会認定研修施設の研修プログラムの一環として、院内・院外の若手医師に対して教育の場を提供しています。

■脳波カンファレンス等

 関連大学院生に対しては、週2回の脳波カンファレンスでの脳波判読研修、外来患者・入院患者診療研修、てんかん関連研究など、教育と研究に関して多面的な取り組みを行ってきました。週1回の脳波カンファレンスとリサーチカンファレンスは英語で開催され英語を用いたプレゼンテーション能力の向上も目指しています。もう1回の脳波カンファレンスは院内検査技師・院外医師の皆様も対象にし、脳波の波形解釈の基礎から教育を行っています(参加者は30~40人)。

■専門医育成

 2014年度は、日本てんかん学会てんかん専門医5名(卒業生含む)、日本臨床神経生理学会脳波領域認定医1名を輩出しました。

■学外講習会

 学外においては、毎年2月に関西脳波・筋電図セミナーが若手医師・検査技師を対象に開催されており、2008年から開始しこれまで8回、事務局を担当してきました(詳細は、添付資料参照)。また各種講演会・研究会を通じても若手医師の教育に従事してきました(詳細は業績を参照)。またスタッフ2名とも、近隣医療機関での脳波カンファレンスで、脳波判読とてんかん診療に関する教育を定期的に行っております。

2)看護の院内教育の充実

 関連科医師およびメディカルスタッフに対して、てんかんに関する専門的知識の教育を推進してきました。月1回病棟および外来看護師を対象として、てんかんの病態、発作症候、発作時・発作間欠期の患者のケアなど、てんかんに関する包括的な勉強会を開催しています。

3)患者・家族・社会に対するてんかんの情報発信

 日本てんかん協会等と協力してニーズにあわせて貢献してきました。具体的には、日本てんかん協会による一般市民を対象とした講習会、日本医師会の生涯教育講座などで講演をおこなってきました。

合同症例検討会(脳機能てんかん合同カンファレンス)
education_01
脳波判読室(神経内科病棟)
education_02
外来看護師の勉強会
education_03

EEG/Epilepsy fellowship 募集
education_04